車買取査定 下取りってなに?


よく耳にする言葉、下取り。
一見同じように車を買いっとってもらう車買取と下取りってどう違うのでしょうか?
それは買取査定してもらい、車を売却するだけなのが車買取。

下取りはそれとは違い、車を売却する店と次に車を購入する店を同じにすることによって、
車を売却した金額をそのまま次に購入する車の購入資金にあてがうようにするというものです。
もちろん車買取とは違い、同じ店で次に乗る車を購入するわけですから、買取の時と違う金額になります。

この金額は買取が業者間のオークションの金額が相場になるのに対して、それぞれの販売会社が設定している下取りの基本価格というものがあって、そこからキズや走行距離など車の状態でマイナス査定を行った金額になります。

さらに次に乗る車を買うわけですから、その車の金額の調整を行って総合的に価格の提示があるという形ですね。
業者としては商談の時の交渉の幅が広がることになるので、買取から購入までを一連のプロセスと考えて商談を有利に進める方向に持っていくんですね。

Edit